忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/09/20 09:10 |
9/13 スペインツアー3日目

869ecc8d.jpg














滞在先のホテルのPatio(中庭)で初のソロ演奏。

PAなしの完全な生音演奏だったけれども、スペインの気候のせいなのか
場所のホールのせいなのか音がよく通っていい感じ。
そもそもギター自体がよく鳴っている感じ。
はじめはBGMとして演奏していたのが、みんな次第に聴き入ってくれた。

この日、スペインではじめて「赤のDUENDE」を演奏しました。
フラメンコをイメージして作ったこの曲を本場スペインで演奏するということに
とても気合を入れていました。
受け入れてもらえるのか。反応はどうなんだろう。

ところが、実際の反応は少し予想外のものでした。
「フラメンコだから」とか「フラメンコじゃないから」とか。
ましてや「日本人だから」とか。

そんなのは関係のないことでした。
みんな、「田中彬博のつくった音楽」として聴いていてくれたのです。

トラッドなフラメンコの曲を演奏するなら、また違った見方になるのかもしれません。

けれど、ほんとうに肝心なのは「そのひとの音楽」。

「赤のDUENDE」が、フラメンコ曲なのではなく、
田中彬博のオリジナルなんだ、と教えられたこと。

自分のなかの音楽が
ふっ、と自由に感じられた瞬間でした。

PR

2007/09/13 23:28 | スペインツアー2007

<<9/14 スペインツアー4日目 | HOME | 9/12 スペインツアー2日目>>
忍者ブログ[PR]